Pearson Always Learning logo
試験の詳細・予約・キャンセル
The world's leading computer-based testing and assessment business
Quick links:

Home > 予約・変更・各種手続き > (ISC)2

(ISC)2 認定試験

あなたの(ISC)2認定資格は、受験者の専門知識を評価し、知識や人脈作りの場や今日のセキュリティー産業のキャリアサポート、産業資源として(ISC)2 メンバーシップを提供します。


重要なお知らせ
2013年6月1日より、予約変更及びキャンセル手数料が以下の通り変更となります。
・予約変更 ・・・ 50USD または 現地通貨の相当額
・キャンセル手数料 ・・・ 100USD または 現地通貨の相当額


受験要綱

(ISC)2受験要綱は、PDFにより無料で入手いただけます。この受験要綱は、各試験範囲をカバーした学習ガイドと併せて提供されます。認定プロセスをご理解いただくために、この文章をダウンロードしてください。

■CISSP®について  

CISSP(Certified Information Systems Security Professional)は、(ISC)2が認定を行うベンダーフリーの情報セキュリティの専門家資格です。CISSPには、情報セキュリティにおける理論やメカニズムを理解するだけでなく、その知識を体系的かつ構造的に整理し、状況に応じた適切な判断を行うための、合理的かつ実践的な「知識」と「理解度」が求められます。
資格取得のためには業務経験が必要です。試験合格後の認定登録手続きで業務経験を明記した職務経歴書とエンドースメント(推薦状)を提出し、それを証明する必要があります。
認定期間は3年間となっており、1年毎の認定継続要件および3年毎の認定継続要件をパスすることが必要です。

CSSLP®について  

保証された安全なソフトウェア・ライフ・サイクル・プロフェショナル(CSSLP)は、ソフトウェア・ライフ・サイクルの各過程へセキュリティを構築するベスト・プラクティス、政策および手続きを組込む際に個人の能力を有効にするように計画された産業でのただ一つの証明です。
CSSLPの7つのドメインの各々は、各過程へセキュリティを構築する方法をカバーします。
CSSLPは、少なくとも4年の経験でソフトウェア・ライフ・サイクルに携わる方向けです。

■CAP®について

保証された認可プロフェショナル(CAP)信用証書は、情報システムを認可するおよび維持する過程に関与する人員に必要な知識、技術および能力の客観的な手段です。
具体的には、この信用証書は、危険を評価し、かつセキュリティ要件とドキュメンテーションを確立するために使用される、形式化するプロセスに責任を負う人々に当てはまります。
信用証書は、商用市場、民間人および地方自治体、および国務省および国防総省(DoD)を含む米国の連邦政府に適切です。
CAP検査は、CAP CBKを含む7つのドメインに注目することにより、候補の知識の幅および深さをテストします。

■SSCP®について  

SSCP(Systems Security Certified Practitioner)は(ISC)2が認定を行うベンダーフリー情報セキュリティの資格です。SSCPは、ネットワーク・システム開発や運用などに従事し、通常は情報セキュリティを専業としていないけれども、情報セキュリティの地検を技術としての観点だけではなく、「組織」という観点から理解をし、情報セキュリティ専門家や経営陣とコミュニケーションを図れることを目指している人材を認証します。当然情報セキュリティ専業で経験年数が少ない方にとっても、より実践に近い内容をグローバルの標準に則った内容を理解していることを証明できる資格です。
認定期間は3年間となっており、1年毎の認定継続要件および3年毎の認定継続要件をパスすることが必要です。

CISSP Concentrations について  

CISSP–ISSAP, CISSP–ISSEP や CISSP-ISSMPは、実証済みの技能とCISSPで必要とされるものを超えた専門知識を有していることを証明します。

CCFP  

CCFP (Certified Cyber Forensics Professional ) は、実践的で標準的なフォレンジック技術と手続きのための専門知識、そして、完全で信頼性の高いデジタル上の証拠を確保するための法的、倫理的な原則を認証します。また、電子情報開示など、情報セキュリティ分野、マルウェア解析、または、インシデント対応へフォレンジックを適用する能力を測る試験です。

HCISPP  

HCISPP (HealthCare Information Security and Privacy Practitioner) は、実務担当者が、重要な医療情報を安全に扱うために基礎知識、スキル、安全に扱うための能力を有していることを証明する資格です。HCISPPは、実践、管理、または、個々に細分化されたデータ保護ニーズに対応し、セキュリティとプライバシーをコントロールするための能力を評価するための資格試験です。

(ISC)2の試験に関する重要な情報

近隣のテストセンターや空席を見つけられない場合は、ピアソンVUEコールセンターへご連絡をお願いします。
コールセンターのオペレータがご予約のお手伝いやご予約手順をご案内させていただきます。
ピアソンVUEコールセンターへのお電話は、画面下部の「お問い合わせ」をクリックしてください。

コンピュータ・ベース・テスティング(CBT)を利用した試験のメリットは、受験者が試験を完了するとすぐに、自分の得点を確認できる点にあります。しかし、(ISC)2は定期的な心理学的分析を行う必要があり、一部のご受験者に対し、試験結果をお返しする前に、適切な採点が行われているか確認を行う場合があります。このプロセスにより、受験者により試験結果の受領まで4〜6週間程度要する場合があります。(ISC)2は、合否を誤ることはありませんが、試験品質を担保するために必要なプロセスとなります。試験結果をお戻しするまでにお時間を要するご受験者には、試験終了後に通知いたします。

秘密保持契約

試験の開始時に表示されるNDA(秘密保持契約)に同意する必要があります。5分以内に同意しない場合は、試験が強制的に終了となります。その場合、受験料の返金はありません。予めご覧いただくことをおすすめします。

秘密保持契約を確認する

 


※試験一覧では、日本で配信していない試験も表示されます

資格ニューズレター購読(無料)

最終更新日 2013年10月09日